現在、トップページの中の 堺とはの中の 堺の伝統産業 のページを開いています。

堺とは

線香

線香
原料へのこだわりと調合の妙原料へのこだわりと調合の妙

原料へのこだわりと、調香の妙

16世紀の終わりに中国から製法が伝わり、日本で初めての線香が作られました。堺は当時我が国有数の貿易港であり、原料の香木が集まりやすかったことや、寺院が多かったことが線香づくりの発展を支えたと思われます。厳選された天然香料と職人技の妙が合わさり、独特の「調香」を施して完成した堺線香は、香りの芸術品と称されるほど奥深いものです。 工程の機械化が進み、コンピューター制御によって調合されるようになった現代でも、一部の高級線香は、熟練職人の手によって調合されています。また、香料の調合率などは、それぞれの製造元の秘伝とされ、時代に合わせて工夫を加えながら受け継がれています。

自転車

昆布
感性が光る職人の技 感性が光る職人の技

感性が光る職人の技

江戸時代中期、北海道で採られた昆布が下関を経て堺へ通じる航路(コンブロード)が開かれ、堺の昆布加工業が本格的に発達しました。最盛期の大正から昭和初期にかけては、150軒あまりの業者が集まる一大産地として、全国にその名を馳せるようになりました。 上質の「とろろ」や「おぼろ」に加工するには、熟練した昆布職人の技と鋭い感性が必要です。昆布を削る包丁の微妙な力加減により、機械ではできない風味豊かな味に仕上がります。

タバコ包丁

敷物
手織りから機械織りへと、受け継がれた敷物文化 手織りから機械織りへと、受け継がれた敷物文化

手織りから機械織りへと、受け継がれた敷物文化

堺手織緞通(だんつう)は、江戸時代中期、ある糸物商人が製造販売したのが始まりといわれています。明治時代、欧米に紹介されると、日本の重要な輸出品として、生産高を急激に伸ばしました。 今では新素材をはじめ、機能やデザインに優れた多種多様な製品が生み出され、堺の新たな敷物文化として脈々と受け継がれています。

堺市ホームページより
現在、トップページの中の 堺とはの中の 堺の伝統産業 のページを開いています。

スポットを探す

エリアで探す

  • 旧市街地周辺
  • 百舌鳥古墳群周辺
  • 泉北周辺

カテゴリーで探す

  • 観る
  • 食べる
  • 買う
  • レジャー・体験
  • 泊まる

キーワードで探す

スポット詳細検索 エリア・カテゴリー・キーワードで検索
  • 観光スポット特集 定番スポットを詳しく!
  • 映像で見る堺 堺の魅力を映像で
  • フォトライブラリー 堺のまちを写真で楽しむ
  • 堺まつり
  • 百舌鳥・古市古墳群特集
  • グルメ情報