現在、トップページの中の堺観光モデルコースの中の駅からecoマップ 散策コース中近世編 のページを開いています。

みどころいっぱいの堺を旅しよう。堺観光モデルコース

堺eco観光 駅からecoマップ 散策コース中近世編 戦国時代 自由・自治都市を訪ねて 南海・七道駅~JR・百舌鳥駅

約9.56km/約2時間20分

堺市・JR西日本・南海電鉄・阪堺電気軌道の連携から生まれた、堺の見どころを徒歩・自転車でめぐる環境に優しいおすすめコース。南海七道駅をスタート、河口慧海ゆかりの町家歴史館清学院、鉄砲の生産現場が残されている鉄砲鍛冶屋敷、江戸時代の堺の町家暮らしを見学できる町家歴史館山口家住宅、堺最大の木造建築の本願寺堺別院、樹齢1100年といわれる大ソテツで有名な妙國寺、堺の伝統産業を一堂に集めたH23年秋オープンの堺伝統産業会館を見学。360度の眺望が楽しめる堺市役所21階展望ロビー、 旧市内唯一の式内社の開口神社、与謝野晶子生家跡、H27年春オープンのさかい利晶の杜、千利休屋敷跡、千利休が修行したことや徳川家康伝説で知られる南宗寺、大安寺、日本唯一の自転車博物館、仁徳天皇陵古墳、堺の歴史・文化がわかる堺市博物館、堺市茶室伸庵・黄梅庵をめぐりJR百舌鳥駅に至るコースです。

  1. 南海七道駅
  2. 堺市立町家歴史館
    清学院
  3. 鉄砲鍛冶屋敷(内部非公開)
  4. 堺市立町家歴史館
    山口家住宅
  5. 本願寺堺別院
  6. 妙國寺
  7. 堺伝統産業会館
    (旧堺刃物
    伝統産業会館)
  8. 堺市役所
    21階展望ロビー
  9. 開口神社
  10. 与謝野晶子
    生家跡
  11. さかい利晶の杜
  12. 千利休屋敷跡
  13. 南宗寺
  14. 大安寺(内部非公開)
  15. 自転車博物館
    サイクルセンター
  16. 仁徳天皇陵古墳
  17. 堺市博物館
  18. 堺市茶室
    伸庵
  19. 堺市茶室
    黄梅庵
  20. JR百舌鳥駅

動画で楽しむ

MOVIEの表示があるスポットは動画をご覧いただけます。
※動画をご覧頂くには、Windows Media Playerが必要です。お持ちでない方は、こちらよりダウンロードしてご覧ください。

南海七道駅
徒歩約5分(0.3km)

堺市立町家歴史館 清学院

修験道の寺院としての歴史とともに、江戸後期から明治初期には寺子屋としても使われ、仏典を求めて日本人で初めてヒマラヤ山脈を越えた河口慧海もここで学びました。江戸後期の建物は国の登録有形文化財で不動堂、庫裏、門からなり、内部には寺子屋教科書や天神机や文机、小型の硯のほか慧海に関係する資料を展示。平成23年10月に整備され新たに町家歴史館としてオープンしました。

▲このページの先頭にもどる 徒歩約1分(0.1km)

鉄砲鍛冶屋敷◆内部非公開◆

江戸時代から続く鉄砲鍛冶井上関右衛門の居宅兼作業場兼店舗。わが国の町家建築として最古の部類に属し、鉄砲の生産現場など鉄砲鍛冶屋敷の面影を残す唯一のものとして市の指定有形文化財になっています。切妻造、平入りの建物からなる屋敷は、江戸初期の鉄砲鍛冶の生活がしのばれます。

▲このページの先頭にもどる 徒歩約10分(0.65km)

堺市立町家歴史館 山口家住宅

主屋は慶長20年、大坂夏の陣で市街地が全焼した直後に建てられた、現存する数少ない江戸初期の町家のひとつ。国の重要文化財で、伝統的な堺の町家暮らしを感じることができる魅力溢れる施設です。広い土間に面して畳の部屋が3室並び、土間には梁(はり)と束・貫で構成する小屋組が見られ壮大な空間を作っています。平成21年10月に整備され新たにオープンしました。

▲このページの先頭にもどる 徒歩約7分(0.45km)

本願寺堺別院

市内最大の木造建築で「北の御坊」とも呼ばれ、現在の本堂は1825年の再建。明治4年の廃藩置県後10年間堺県庁として使用後、浄土真宗本願寺派へ返還され堺県庁跡として府指定の史跡となっています。鐘楼の梵鐘は1617年の銘をもち、大坂夏の陣で焼失した念仏寺のために堺奉行が再鋳、明治初期に堺別院に移されたもの。堺復興の記念碑的な資料、年代の明らかな市内最古の梵鐘として市の有形文化財に指定されています。

▲このページの先頭にもどる 徒歩約5分(0.35km)

妙國寺

樹齢1100年を越す境内の大ソテツは、織田信長をも怖がらせた『夜泣きのソテツ』伝説で有名。堺で唯一天然記念物に指定され、二度の大火を免れたことから厄除け祈願でも人気です。幕末維新の堺事件では、ここで土佐十一烈士が切腹。数々の歴史と浪漫に彩られた寺です。

堺伝統産業会館(旧堺刃物伝統産業会館)

堺の伝統産業を一堂に集めた施設です。刃物、線香、注染和晒、緞通、昆布、自転車、和菓子などの体験・学習・展示コーナー、堺の逸品・名産品を販売するショップ、珍しい刃物やプロ用刃物を展示・販売する堺刃物ミュージアムがあり、堺のさまざまな伝統産業に触れることができます。

▲このページの先頭にもどる 徒歩約24分(1.6km)

堺市役所21階展望ロビー

地上80メートルの高さから堺の魅力を360度チェック。仁徳天皇陵古墳、履中天皇陵古墳、反正天皇陵古墳をはじめ旧市内、堺旧港、大阪・神戸方面や関空など大阪湾一帯を一望できます。また、市内各所の観光案内パネルもあります。

▲このページの先頭にもどる 徒歩約16分(1.05km)

開口神社

旧市内唯一の式内社で塩土老翁神、素盞鳴神、生国魂神を祀っています。天平18年行基が境内に念仏寺を建立し、大同元年空海が宝塔を建てたので「大寺」とも呼ばれています。土佐光起筆の大寺縁起絵巻、伏見天皇の伏見天皇宸翰御歌集、短刀銘吉光は国指定の重要文化財。また開口神社文書は鎌倉から江戸時代の開口神社と大寺念仏寺関係の古文書で、府の有形文化財に指定されています。

▲このページの先頭にもどる 徒歩約5分(0.3km)

与謝野晶子生家跡

堺に生まれ明治・大正・昭和を短歌とともに生きた情熱の歌人与謝野晶子。明治34年出版の「みだれ髪」は、鉄幹へのあふれる愛と青春のみずみずしさを歌いあげ、浪漫主義の代表作となりました。甲斐町の生家跡には「海こひし潮の遠鳴りかぞへつつ少女となりし父母の家」の歌碑があります。歌碑周辺の石組みは歌にちなみ、海の波をイメージして高低に配し、所々の青色タイルは光る水面を表現しています。

▲このページの先頭にもどる 徒歩約5分(0.3km)

さかい利晶の杜

千利休と与謝野晶子を通じて堺を見て、触って、体験できるミュージアムが平成27年にオープン。「千利休茶の湯館」「与謝野晶子記念館」など4つのエリアに分かれた館内では、タッチパネルや映像で千利休をはじめ堺の観光情報や、みどころをわかりやすく紹介。
「茶の湯体験施設」では三千家(表千家、裏千家、武者小路家)のお点前により抹茶とお菓子を気軽にお楽しみいただけます。

▲このページの先頭にもどる 徒歩約1分(0.1km)

千利休屋敷跡

堺の今市町、現在の宿院町西1丁の豪商魚屋の長男として生まれ、わび茶を大成した千利休は天下一の茶匠として、権勢を振るい茶道千家の始祖・茶聖と称されています。屋敷跡には椿の炭を底に沈めていたといわれる椿の井戸と、利休ゆかりの大徳寺山門の古い部材で建てられた井戸屋形があります。

▲このページの先頭にもどる 徒歩約14分(0.9km)

南宗寺

三好長慶が建立し、千利休をはじめ著名な茶人たちが修業をした禅寺。大坂夏の陣で焼失後、江戸初期に沢庵和尚により再建されました。国の名勝枯山水庭園や、天井に「八方睨みの龍」が見られる重要文化財指定の仏殿、利休ごのみの茶室、伝説の徳川家康の墓など、見どころも豊富です。

▲このページの先頭にもどる 徒歩約3分(0.2km)

大安寺◆内部非公開◆

室町時代の初期応永年間に徳秀士蔭が開祖した臨済宗東福寺派の寺院。納屋助左衛門などの居宅を移したとされる書院造りの部屋もある総檜造りの本堂は、17世紀前半の狩野派の作といわれる、内部4室にわたって描かれた障壁画とともに重要文化財に指定されています。室町時代の歌人・牡丹花肖柏の供養墓や、利休好みの名品「虹の手水鉢」など堺の文化の深さを物語る品々も残されています。

▲このページの先頭にもどる 徒歩約23分(1.5km)

自転車博物館サイクルセンター

鉄砲鍛冶の知恵・技から生まれた堺の自転車産業の歴史がわかる日本唯一の自転車博物館。世界の自転車の歴史が5つの世代に分けて展示されています。世界最古の木製自転車から最新のオリンピック出場車まで50台の展示は圧巻、ブレーキや変速機など触って遊びながら構造・仕組みを学ぶことができます。

▲このページの先頭にもどる 徒歩約9分(0.6km)

仁徳天皇陵古墳

エジプトのクフ王のピラミッド、中国の秦の始皇帝陵と並ぶ世界3大墳墓。百舌鳥耳原三陵のひとつで、5世紀中ごろに約20年をかけて築造されたと推定される全長約486m、後円部径約249m、高さ約35.8m、前方部幅約307m、高さ約33.9mの日本最大の前方後円墳です。墳丘は3段に築成され、左右のくびれ部に造出しがあり、三重の濠が巡っています。日本最大の前方後円墳にふさわしく、周囲に陪塚と考えられる古墳が10基以上あります。

▲このページの先頭にもどる 徒歩約5分(0.3km)

堺市博物館

「ここに来れば堺の歴史と文化がわかる」博物館。古代から近代まで堺の歴史を時代ごとにゾーン展開、貴重な多くの出土品や堺のまちが培ってきた文化財などの展示を、タイムスリップするような気分で見学できます。

堺市茶室 伸庵

大仙公園の一角、閑静な空間にある国の登録有形文化財の茶室伸庵・黄梅庵。伸庵は数奇屋普請の名匠仰木魯堂が粋をこらし建てた茶室で芝公園から移築されたもの、立礼席では椅子に腰掛けて気軽に抹茶を楽しむことができます。二つの庵をつなぐ庭園には、国指定重要文化財の旧浄土寺九重塔などの見どころも。

堺市茶室 黄梅庵

大仙公園の一角、閑静な空間にある国の登録有形文化財の茶室伸庵・黄梅庵。黄梅庵は橿原市今井町の豊田家にあった江戸中期の茶室が昭和に移築されたもので、外観は銅板葺き屋根を重ね合わせた変化に富む構成となっています。

▲このページの先頭にもどる 徒歩約8分(0.5km)
JR百舌鳥駅

※モデルコースの歩程距離・所要時間は、取材での実測です。個人差がありますので目安としてご利用ください。

駅からecoマップのダウンロード

戦国時代
自由・自治都市を訪ねて

約9.55km/約2時間20分

  • 拡大表示
  • PDFダウンロード
現在、トップページの中の堺観光モデルコースの中の駅からecoマップ 散策コース中近世編 のページを開いています。

スポットを探す

エリアで探す

  • 旧市街地周辺
  • 百舌鳥古墳群周辺
  • 泉北周辺

カテゴリーで探す

  • 観る
  • 食べる
  • 買う
  • レジャー・体験
  • 泊まる

キーワードで探す

スポット詳細検索 エリア・カテゴリー・キーワードで検索
  • 観光スポット特集 定番スポットを詳しく!
  • 映像で見る堺 堺の魅力を映像で
  • フォトライブラリー 堺のまちを写真で楽しむ
  • 堺まつり
  • 百舌鳥・古市古墳群特集
  • グルメ情報