現在、トップページの中の観光スポットの中の検索結果一覧の中のスポット詳細:いたすけ古墳のページを開いています。

観光スポット検索

いたすけ古墳(いたすけこふん)

  • 古墳

百舌鳥古墳群中央にある大きさ8番目の国指定史跡の前方後円墳。住宅造成で破壊されそうになったのを市民運動によって保存したことで、出土した冑の埴輪は市の文化財保護のシンボルマークになっています。

百舌鳥古墳群のほぼ中央にある前方部を西に向けた前方後円墳で、周りには陪塚とされる古墳が数基ありました。5世紀中頃から後半頃に造られたとされ、規模は群中でも8番目の大きさで全長約146m、後円部径約90m、高さ約12.2m、前方部幅約99m、高さ約11.1mで3段に築成され、南部のくびれ部には造出しがあります。葺石と埴輪があり後円部からは衝角付冑の埴輪が出土しています。台地の南端に位置しているため、濠の南側には大規模な堤が築かれています。
この古墳は昭和30年(1955年)頃に住宅造成のため破壊されそうになりましたが、市民運動によって保存されました。当時、後円部から出土した冑の埴輪は堺市の文化財保護のシンボルマークになっています。

アクセス JR阪和線「百舌鳥駅」下車
その他 国の史跡に指定

観光スポットを検索する

エリア地図
地図 旧市街地周辺 百舌鳥古墳群周辺 泉北周辺

エリア

カテゴリー

  • コンベンション施設 コンベンション施設
  • スポーツ施設 スポーツ施設

キーワード

現在、トップページの中の観光スポットの中の検索結果一覧の中のスポット詳細:いたすけ古墳のページを開いています。

スポットを探す

エリアで探す

  • 旧市街地周辺
  • 百舌鳥古墳群周辺
  • 泉北周辺

カテゴリーで探す

  • 観る
  • 食べる
  • 買う
  • レジャー・体験
  • 泊まる

キーワードで探す

スポット詳細検索 エリア・カテゴリー・キーワードで検索
  • 観光スポット特集 定番スポットを詳しく!
  • 映像で見る堺 堺の魅力を映像で
  • フォトライブラリー 堺のまちを写真で楽しむ
  • 堺まつり
  • 百舌鳥・古市古墳群特集
  • グルメ情報