大仙公園 日本庭園

美しい池や流水、四季折々の花に彩られた築山林泉廻遊式庭園です。

大仙公園 日本庭園

堺市堺区大仙中町(大仙公園内)
TEL:072-247-3670
FAX:072-247-3670
URL:http://www.daisenteien.jp/
営業時間:4~10月/9:00~17:00(入場は16:30まで)、11~3月/9:30~16:30(入園は16:00まで)
休園日:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)、年末年始
入場料:一般200円、小・中学生100円
※65歳以上、障害のある方は無料(証明するものをご提示ください)。
※団体は2割引です(30人以上)。
駐車場:大仙公園 緑の駐車場(有料)
交通:JR阪和線「百舌鳥駅」下車、徒歩10分
南海バス「大仙町バス停」下車、徒歩5分

伝統的な作庭技術を駆使した美しい築山林泉廻遊式庭園

日本庭園は仁徳天皇陵古墳と履中天皇陵古墳の間に広がる大仙公園の西に位置し、市制100周年を記念して造られた伝統的な作庭技術を駆使した築山林泉廻遊式庭園です。門を抜けると、大池・流れ・花の広場ゾーンに分かれた2.6haの美しい庭園が広がります。


大陸と日本を結ぶ重要都市 堺

堺は古来より大陸文化の上陸地のひとつとして、大陸と日本を結ぶ重要な位置を占めていました。中世には遣明船の基地として、大陸から渡来した先進技術や文化を日本文化へ昇華させるとともに、自由都市として栄えました。庭全体を中世から海外貿易の拠点として繁栄した「堺」に見立て作庭されています。
泉北丘陵を想起する桃源台に発する水流は、石津川の清流など様々な景勝を織り交ぜながら、やがて中国大陸と堺をつなぐ大海に見立てた池泉に注いでいます。ほとりにある総檜づくり銅板葺きの休憩舎は、15世紀の納屋衆と呼ばれた豪商たちの集会所を想起して建てられた数奇屋風寝殿造りで、文化的な集いの場所としても利用できます。


花木に囲まれ、四季の花で彩られます

美しい花木に囲まれた素朴なあずまや青苔亭(せいたいてい)、池泉の河口の島にかかる映波橋(えいはきょう)・印月橋(いんげつきょう)、初夏にはハナショウブやカキツバタが咲く風情豊かな杜若池(とじゃくち)、虎渓の水を集め大海に注ぐ飛流瀑など、美しい池や流水と四季折々の花に彩られた庭園は、進取の都市堺の明日を象徴するものです。2月中旬が見ごろの約70本の梅も植えられています。
また日本庭園では景色を楽しみながら、お抹茶と菓子をお楽しみいただくことができます(有料)。

花ごよみ
1月
さざんか
2月
椿・梅
3月
4月
牡丹
5月
かきつばた・つつじ類
6月
花しょうぶ・あじさい
7月
あさがお
8月
さるすべり
9月
10月
うめもどき
11月
つわぶき・紅葉
12月
さざんか

日本庭園のみどころ

1:休憩舎2:映波橋・印月橋3:青苔亭・杜若池4:飛流瀑5:春燕橋6:石津渓7:桃源台8:流杯亭9:傘亭10:廬山11:甘泉殿
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
1休憩舎

豪商、納屋衆の面影を偲ぶ・・・
総檜づくり銅板葺きの休憩舎から、大海に見たてた池泉を一望することができます。建築面積は約380平方メートル、数奇屋風寝殿造りで、2つの和室と土間があり琴・歌会などにもご利用できます。

2映波橋・印月橋

うつろう四季を水面にうつして・・・
大海に見たてた池泉の河口の島にかかる二つの橋。さざ波を見つめ水面に月を写すうちに、移りゆく時、移りゆく人への思いがつのります。

3青苔亭・杜若池

初夏には花菖蒲や杜若が風情をきそう杜若池と、その水辺に静かにたたずむ素朴なあずまや青苔亭です。

4飛流瀑

虎渓の水を集め、大海に注ぐ飛流瀑です。

5春燕橋

上流に石津渓、下流に池泉を望み、季節には橋のたもとの柳をかすめて飛ぶ燕を見ることができるといわれています。

6石津渓

古代より現在に至るまでの堺の人々の生活と文化を育んでいる石津川を表しています。奥の桃源台を源流とし、穏やかな流れや勢いのある流れをつくり、最後は海へと流れ込みます。

7桃源台

泉北丘陵を表していて、平和の象徴である桃源郷では桃、梅、牡丹など春になると花を楽しむことができます。

87流杯亭

堺の友好都市中国の連雲港市から贈られた石に曲水を再現しました。この曲水の流れの模様は、花果山の石の中から生まれた孫悟空の顔に似ているといわれています。

87傘亭

庭園を見下ろせる一番高い場所にあります。

87廬山

中国江西省にある名勝「廬山」を模した築山です。

87甘泉殿

この休憩舎の名は、清く甘い泉が湧くことに由来しています。

バックナンバー

あなたは旧式のブラウザをご利用中です
このウェブサイトを快適に閲覧するにはブラウザをアップグレードしてください。