堺市民能

毎年7月第3土曜日

堺市民能は大阪万博の昭和45年、堺市出身の能楽師長山ネ豊三郎氏が大鳥大杜で「堺薪能」を公演したのが始まり。
昭和51年の第6回目から堺市民会館に会場を移し、名称も「堺市民能」と改め能・狂言を上演しています。

あなたは旧式のブラウザをご利用中です
このウェブサイトを快適に閲覧するにはブラウザをアップグレードしてください。