産業文化のまち

「ものの始まりなんでも堺」

堺市は、かつて「東洋のベニス」と呼ばれ、一大貿易都市として世界各地から多くの人・モノ・情報が集まる街でした。
こうした歴史の背景から、日本を代表する様々な伝統作業が堺から生まれていったのです。
代表的な堺の誇る特産品をご紹介いたします。

{{ // BLOCK END }}

刃物

一本一本丁寧に仕上げられた堺の包丁は、プロの料理人からも高く評価され、使用する包丁のほとんどが堺製であるといわれています。 依頼者の希望にあわせ、厚さや長さを数ミリ単位で仕上げるこだわりの一本は、包丁とまっすぐに向き合う職人の姿勢と、状態を見極める勘の鋭さが生み出すもの。 磨かれた匠の技は、食文化の発展に大きく貢献しています。

{{ // BLOCK END }}

線香

線香は16世紀の終わりに中国から製法が伝わりました。堺は当時我が国有数の貿易港であり、原料の香木が集まりやすかったことや、 寺院が多かったことが線香作りの発展を支えたと思われます。 厳選された天然香料と職人技の妙が合わさり、独特の「調香」を施して完成した堺線香は、香りの芸術品と称されるほど奥深いものです。
香料の調合率などは、それぞれの製造元の秘伝とされ、時代に合わせて工夫を加えながら受け継がれています。

{{ // BLOCK END }}

和ざらし・ゆかた

江戸初期から水量の豊富な石津川沿いで多く生産されてきた和ざらしの発展とともに、生地に染料を注いで染める手染め法が産業として堺の地に根づきました。 伝統的な注染で丹念に染められたゆかた地は、機械で表面だけにプリントしたものと違い、生地の裏側にまでその柄が色あざやかに出ており、 長く着ても色あせがないことが特長です。

{{ // BLOCK END }}

昆布

江戸時代中期、北海道で採られた昆布が下関を経て堺へ通じる航路(コンブロード)が開かれ、堺の昆布加工業が本格的に発達。 その後、大正から昭和初期にかけ、堺は昆布の一大産地としての最盛期を迎えます。 上質の「とろろ」や「おぼろ」に加工するには、熟練した昆布職人の技と鋭い感性が必要です。 昆布を削る包丁の微妙な力加減により、機械ではできない風味豊かな味に仕上がります。

{{ // BLOCK END }}

和菓子

堺では千利休が大成させた茶の湯文化の影響を受け、 お茶請けとして供される和菓子づくりが行われてきました。また、かつて「東洋のベニス」と呼ばれる貿易都市であった堺では、砂糖など海外からの輸入が盛んだったこともあり、和菓子文化が発展したと考えられます。歴史ある名店、老舗の和菓子店が、現在においても多数営業しています。

{{ // BLOCK END }}

敷物

堺手織緞通(だんつう)は、江戸時代後期、ある糸物商人が製造販売したのが始まりといわれています。 今では新素材をはじめ、機能やデザインに優れた多種多様な製品が生み出され、堺の新たな敷物文化として脈々と受け継がれています。

{{ // BLOCK END }}

自転車

戦国時代から、金属加工について豊かな経験と高度な技術を受け継いできた堺の鉄砲鍛冶。自転車のフレーム加工や部品を取り付けるネジの製造などに大いに力を発揮しました。
鉄砲鍛冶の技術を生かして、故障の多い明治時代の輸入自転車の修理や部品製造にあたったことが、堺の自転車産業の始まりで、現在も完成車と部品の製造で、高いシェアを誇っています。

{{ // BLOCK END }}

関連コンテンツ

あなたは旧式のブラウザをご利用中です
このウェブサイトを快適に閲覧するにはブラウザをアップグレードしてください。