近江岸家住宅

海浜別荘地であった浜寺にあるアメリカ人の教会建築家ウイリアム・M・ヴォーリズが設計したスパニッシュスタイルの木造2階建て住宅。昭和初期の都市型住宅として住宅・外塀が登録有形文化財になっています。

堺市の浜寺一帯は、大正~昭和初期に作られた有数の海浜別荘地のひとつでした。木造2階建ての住宅で、昭和9年にアメリカ人の教会建築家であったウイリアム・M・ヴォーリズによって設計され、翌年竣工したスパニッシュスタイルの住宅です。
設計の基本は洋式のスパニッシュスタイルですが、内部に和室を作ったり、中廊下があるなど和様式も取り入れています。昭和初期の都市型住宅として、平成10年には住宅・外塀が登録有形文化財になっています。

所在地

堺市西区浜寺昭和町3-351

アクセス

南海線「浜寺公園駅」、阪堺線「浜寺駅前駅」下車

その他

◆内部非公開◆
居宅として利用されていますので外観からの見学をお願いします。

近隣マップ

あなたは旧式のブラウザをご利用中です
このウェブサイトを快適に閲覧するにはブラウザをアップグレードしてください。