平井塚古墳

ニサンザイ古墳から南西約300mにあった百舌鳥古墳群で最後に造られた全長58mの前方後円墳。発掘調査で円筒埴輪や形象埴輪、須恵器の壺や土師器の高杯などが出土しています。

ニサンザイ古墳の前方部から南西約300mの地点にあった、前方部を西に向けた前方後円墳です。墳丘は全長58m、後円部径30.5m、前方部幅45.5mの規模で、周囲に幅7.5mほどの濠がめぐっていました。
昭和46年(1971年)土地区画整理に際しておこなわれた発掘調査で、くびれ部から前方部にかけて埴輪列が確認されています。また、円筒埴輪や形象埴輪のほかに、須恵器の壺・土師器の高杯などが出土していますが、葺石は確認されていません。百舌鳥古墳群のなかでは最後に造られた前方後円墳です。

所在地

堺市北区百舌鳥陵南町3丁

お問い合わせ

施設名

平井塚古墳

あなたは旧式のブラウザをご利用中です
このウェブサイトを快適に閲覧するにはブラウザをアップグレードしてください。