孫太夫山古墳

仁徳天皇陵古墳に南接する全長約56mの前方部が短い帆立貝形の前方後円墳。同古墳の陪塚と考えられ周濠がめぐっていたようですが、今ある周濠と前方部の一部は試掘調査に基づき復元されたものです。

仁徳天皇陵古墳(大仙古墳)の南に接してある西向きの前方後円墳で、同古墳の陪塚と考えられ全長は約56m、後円部径48m、後円部高約7.6m、前方部幅約30mで、前方部の短い帆立貝形をしています。一部の調査では葺石と円筒埴輪があり、幅10m程の周濠がめぐっていたようですが埋葬施設などについては不明です。
現在は濠を復元して整備されています。後円部は宮内庁が管理し、前方部と周濠は堺市が管理しています。

所在地

堺市堺区百舌鳥夕雲町2丁

アクセス

JR阪和線「百舌鳥駅」下車

近隣マップ

あなたは旧式のブラウザをご利用中です
このウェブサイトを快適に閲覧するにはブラウザをアップグレードしてください。