こうじ山古墳

ニサンザイ古墳の前方部南西端近くにあった帆立貝形の前方後円墳。墳丘は全長50.5mで前方部を西に向け周濠もめぐっていました。

ニサンザイ古墳の前方部南西端近くにあった前方後円墳で、墳丘は全長50.5m、後円部径37m、前方部幅18.5mの規模で前方部を西に向けています。後円部は長さ3m以上、幅2.2mの粘土槨の主体部がありました。葺石と埴輪があり帆立貝形の前方後円墳で周濠もめぐっていました。

所在地

堺市北区百舌鳥西之町3丁

お問い合わせ

施設名

こうじ山古墳

あなたは旧式のブラウザをご利用中です
このウェブサイトを快適に閲覧するにはブラウザをアップグレードしてください。