坊主山古墳

仁徳天皇陵古墳東にある径40m程の円墳だったと推定される古墳。現在は一辺10m前後、高さ2.8m程の三角形状の墳丘が残るのみです。

仁徳天皇陵古墳(大仙古墳)の東260mに位置する、径40m程の円墳であったと推定されますが、現在は一辺10m前後、高さ2.8m程の三角形状の墳丘が残るのみで、かなり古い段階に大規模な削平が行われています。

所在地

堺市北区百舌鳥赤畑町2

あなたは旧式のブラウザをご利用中です
このウェブサイトを快適に閲覧するにはブラウザをアップグレードしてください。