諏訪ノ森駅駅舎

開業当初の建物が大正8年移設、現在の48㎡程の西駅舎が建てられました。海岸の様子が描かれた明かり取り窓のステンドグラス、小さな待ち合い空間など大正ロマンが感じられる駅舎で登録有形文化財。

浜寺公園駅から1駅北寄りの駅で、西駅舎は木造平屋建ての48㎡程の小規模な駅舎です。明治の開業当初は八角形の建物で、現在の東駅舎付近に建てられていましたが、大正8年(1919年)に駅が移設され現在の西駅舎が建てられました。     
入口上方の明かり取り窓には、浜寺から淡路島にむかって海岸の様子が描かれたステンドグラスが、5枚はめこまれ駅舎の特徴となっています。また、券売機の横に2人掛け程度の小さな待ち合い空間が作られています。ここには建築当時に流行したデザインが見受けられ、大正ロマンが感じられる駅舎として登録有形文化財になっています。

所在地

堺市西区諏訪森町西2丁78

アクセス

南海線「諏訪ノ森駅」下車

お問い合わせ

施設名

諏訪ノ森駅駅舎

近隣マップ

あなたは旧式のブラウザをご利用中です
このウェブサイトを快適に閲覧するにはブラウザをアップグレードしてください。