百舌鳥・古市古墳群特集

世界最大の墳墓である仁徳天皇陵古墳をはじめとする百舌鳥古墳群

堺市のやや北部に位置する百舌鳥古墳群は、日本を代表する古墳群で、かつては100基以上あったといわれますが、現在は44基が残っています。 主な古墳には、大仙公園を挟んで、日本最大の前方後円墳である仁徳天皇陵古墳と履中天皇陵古墳があり、東側に、いたすけ古墳、御廟山古墳、ニサンザイ古墳、北側に反正天皇陵古墳があります。

{{ // BLOCK END }}

 

百舌鳥・古市古墳群は世界文化遺産国内推薦に決定しました

堺市の「百舌鳥」、羽曳野市・藤井寺市の「古市」の2つからなる百舌鳥・古市古墳群は、4世紀後半から6世紀前半にかけて200基を超える古墳が築造された巨大古墳群です。2017年7月31日の文化審議会世界遺産部会において、世界文化遺産国内推薦候補に選定されました。世界文化遺産登録をめざし、さまざまな取り組みが進められています。

{{ // BLOCK END }}

 

仁徳天皇陵古墳

クフ王のピラミッド、秦始皇陵と並ぶ世界3大墳墓の一つ。5世紀の築造とされる墳丘長約486mの日本最大の前方後円墳。墳丘は3段に築かれ三重の濠がめぐり、周辺には10基以上の中小古墳があります。堺市博物館では、VR技術を用いて上空300mからの仁徳天皇陵古墳の雄大な眺めと、古墳内部の石室をCGで再現した映像を体験できる、VR「仁徳天皇陵古墳ツアー」を楽しむことができます。

{{ // BLOCK END }}

 

履中天皇陵古墳

石津ヶ丘にある全長約365mの日本で3番目に大きい巨大前方後円墳。百舌鳥耳原南陵(もずのみみはらのみなみのみささぎ)、ミサンザイ古墳とも呼ばれています。

{{ // BLOCK END }}

 

 

反正天皇陵古墳

百舌鳥古墳群の北端にあり、百舌鳥耳原北陵(もずのみみはらのきたのみささぎ)、田出井山古墳とも呼ばれています。全長148メートルの前方後円墳で、周りには陪塚とされる古墳が2基、二重濠の存在が確認されています。

{{ // BLOCK END }}

百舌鳥古墳群ワンストップ電話窓口をご利用ください

世界文化遺産登録をめざす百舌鳥古墳群を来訪される方からの様々なお問い合わせにお答えしています。

{{ // BLOCK END }}

こんなときにお電話ください

・仁徳天皇陵古墳への行き方が分からない

・おすすめのウォーキングルートを知りたい
・パンフレットはどこで入手できるか知りたい
・レンタサイクルはどこで借りられるか知りたい など

 

百舌鳥古墳群を来訪されるうえでご不明なことがあればお電話ください。

{{ // BLOCK END }}

対応日時

午前9時から午後5時30分まで
土曜、日曜、祝日も対応します(年末年始を除く)

{{ // BLOCK END }}

電話番号

0120-099-771(電話料金はかかりません)

{{ // BLOCK END }}

 

堺市には44基の古墳が現存しています

そのほかにも百舌鳥古墳群は東西・南北約4km四方の範囲に44基もの古墳が現存しています。

{{ // BLOCK END }}

 

{{ // BLOCK END }}

 

古墳巡りには、レンタサイクルがオススメ!

仁徳天皇陵古墳(一周約3km)といった巨大古墳一周を楽しんでいただいたり、点在する古墳群を巡っていただくのにレンタサイクルが大変便利でオススメです。

{{ // BLOCK END }}

 

{{ // BLOCK END }}

 

{{ // BLOCK END }}

 

あなたは旧式のブラウザをご利用中です
このウェブサイトを快適に閲覧するにはブラウザをアップグレードしてください。