銭塚古墳

グワショウ坊古墳の南約100mにある前方後円墳。前方部が削られ現状では円墳のようですが、府教委の調査で前方部の短い全長約72mの帆立貝形古墳、円筒埴輪が出土した周濠の存在が確認されています。

グワショウ坊古墳の南約100m、府立堺支援学校の敷地内にある前方部を西に向けた前方後円墳です。前方部が削られているために、現状では円墳のような形になっていますが、昭和56~57年(1981~1982年)、平成19年(2007年)に大阪府教育委員会の行った調査で墳丘が全長約72m、後円部径約54m、前方部幅約44mの規模で、周濠がめぐっていたことが確認されています。
前方部の短い帆立貝形古墳で、濠の中からは円筒埴輪などが出土しています。

所在地

堺市堺区東上野芝町1丁

近隣マップ

あなたは旧式のブラウザをご利用中です
このウェブサイトを快適に閲覧するにはブラウザをアップグレードしてください。